市場の役割

中央卸売市場とは

 卸売市場は、毎日の食生活に欠かせない野菜・果物などの生鮮食料を、産地から集荷し、公正な値決めを行い、消費者に安定供給する役割を担っています。
 中央卸売市場は、生鮮食料の流通及び消費上重要な都市に、円滑な流通を確保するため、農林水産大臣の許可を受けて、地方公共団体が開設する卸売市場です。
 本市場は青果(野菜・果物)を取り扱い、山口県内の青果を対象とした中央卸売市場は、宇部市中央卸売市場のみです。


流通の仕組み

流通の仕組み

 卸売業者が、生産者等から品物を購入又は委託を受けて、市場内で販売します。
 市場内では、仲卸業者や売買参加者が購入して、青果商やスーパーなどの店頭に並びます。


市場で働く人々

 開設者(宇部市)

 市場施設の維持管理ならびに卸売業者・仲卸業者・売買参加者などが正しい取引を行えるよう業務の指導監督をします。

 卸売業者

 全国各地の生産者・出荷者から販売の委託又は買付により集荷した生鮮食料品を卸売場で公開のせり売りや相対取引により、仲卸業者や売買参加者に販売します。

 仲卸業者

 市場内に店舗を持ち、卸売業者の行うせり売りや相対取引に参加し買い受けた物品を仕分け調整して売買参加者や買出人に販売します。

 売買参加者

 卸売業者の行うせり売りや相対取引に参加して物品を買い受け、消費者に販売する小売業者などです。

 関連事業者

 市場利用者の便益のため、場内の店舗で塩干・乾物・菓子・漬物・日用品などの販売、その他食堂などの業務を行っています。

 買出人

 仲卸業者や関連事業者から必要な品物を仕入れ、一般消費者に販売する小売商又は大口需要者です。

 

inserted by FC2 system